まるで記憶の宝石 眩しすぎる

都内在住アイドル好きOLの雑記帳(@u10924)

ここ一週間相次ぐ一連の「不祥事」の報道について

 

こんにちは。

以前、「ジャニーズ事務所の肩書き」という記事を公開しました。

 

yr0924.hatenablog.com

 

 

ジャニーズのタレント本人には、「ジャニーズ事務所の肩書き」がつくことでのメリットが多くある一方でデメリットもある、というような内容で書いています(ざっくり)。

 

 

ここ1週間(?)の一連の報道を受けて私の感情は「呆れている」が一番大きいと思っているのでここに吐き出させてください。

 

見たくない方は見ないでください。

個人のブログですので、この記事に対する誹謗中傷は受け付けません。

 

 

 

 

 

f:id:yr0924:20180614173015p:plain

 

 

 

 

 

 

 

過去にメンバーが「未成年者飲酒」で脱退していながら、なぜ犯す側に回ってしまったのか。

 

過去に何度も悲しみや悔しさを味わい、何度も涙を流してきたはずなのに、なぜ行動を見直す、思いとどまる、ことができなかったのか。

 

 

「お酒」について私自身は“嗜む”ものだと考えています。

父親もあまり強くなく、母親にいたってはお酒を飲んでいるところを見たことがない環境で育ち、私も成人して何度も飲んでいますが体が痒くなったり顔が真っ赤になったりするのであまり飲まないようにしています。

夏にはビアガーデンがあるし、秋にはオータムフェスト、冬だってホットワインがある。(春はなんだろう…詳しくないので何も出てこない)

旅先に行けばご当地ビールがある。

CMでは芸能人が美味しそうに飲んでいるし、お酒を楽しめればもう少し楽しみが増えるかもしれないと思うことは何度もある。

 

もちろん匂いがまだダメとか味覚による好き嫌いで飲めない部分もあるけれど、自分の中でお酒に対する嫌悪感というか好きにはなれないのだろうという気持ちがある。

 

・お酒を飲むと急にハイになる人

・他人にお酒を強要する人

・飲酒量を自分で調節できない人(嘔吐や道端で寝転ぶ程まで飲むなど)

に対して嫌悪感を抱くのはもちろんだけど、

 

・お酒がないと楽しめない

・お酒がないと異性を口説けない

のように「お酒がないと〇〇できない」という人に対しても良い気持ちはしない。

 

 

街中路上で騒ぐ人や、電車の中で大声で話す人、みんな「いい大人なのに」、「自分が楽しければいい」という気持ちになってしまうのだろうかと軽蔑した目で見ている。だってこちらは理性で保たれている。飲んでも一杯、そのあとはアルコールをできるだけ早く体内から出したいと言わんばかりのソフトドリンクを飲んでいる。

 

嗜むとはこういう意味だ。

  • 「嗜む」

    1 このんで親しむ。愛好する。「酒を―・む」

    2 このんでそのことに励んでいる。芸事などの心得がある。「謡曲を―・む」

    3 つつしむ。気をつける。用心する。「少しは行いを―・みなさい」

    4 前もって用意しておく。心掛ける。

 

3 つつしむ。気をつける。用心する。「少しは行いを―・みなさい」

 

節度を守って、善悪を判断し、楽しむ。

 

 

女と遊ぶとか遊ばないとかそういう問題ではない。

 

・正確な年齢を把握していない相手

・普通に生活していたら知り合うことがないであろう相手

・盗撮・盗聴するような相手

 (あらかじめ企んでいた、騙されていた、信用されていない)

と遊び、過去の自分たちの過ちを反省しているとは思えない行為を行った。

 

 

こうした報道が出ても仕事をしている同じグループのメンバーに対しても、たくさんのチャンスをくれた先輩にも、憧れの先輩として名前を挙げてきた後輩にも、なによりお金や時間を使うだけでなく過去に何度も涙を流して共に前を向いて歩んできたファンにも、失礼だ。

 

あんな相手と、

あんなお酒の飲み方をし、

 

人間として嫌悪感を抱いた。

 

正直言って、汚い。

 

同級生にいたら絶対に仲良くならないタイプの人間だ。

 

 

 

またいつものように泣いて謝れば許されるのか。

 

裏で女と何しようが構わない。

 

でも、他人に迷惑をかけるな。

 

「またジャニーズ事務所の不祥事か。」を噂されている。

看板を汚すな。

私の好きな人に迷惑をかけるな。

 

 

そんな気持ちしか湧いてこない。

 

 

 

 

そして、自分の好きな人は、きちんと報道を見て自らの行動を見直してほしいとも思う。

 

それでも、「明日は我が身」かもしれない。

ここ数か月のごたごたを見てきて毎回、自分自身に言い聞かせている。

 

 

 

 

_